有限会社篠田建設
HOME > 耐震工事について

簡易な耐震工事について

家の外にしっかりとした基礎をつくり、柱を立てます。それを家の梁に固定する。これを家の周りの何箇所かに設置します。 家の内部で内装を剥がしたり床下を掘り起こしたりせず、外側から耐震補強ができるということは、家に住み続けながら工事がしてもらえる、という点でお施主さんには嬉しいことですが、見栄えが悪いといえばそれまで…。
「家の中に人が入って来てあちこちガタガタされるのが面倒で、やりたくてもなかなか耐震補強が出来ない…」という方もみえます。そんな方にはおすすめの選択肢の一つです。

柱の写真 有限会社篠田建設 鉄骨の写真 有限会社篠田建設
家の外に柱を立て外側から支える 隣の鉄骨の作業場と木造の住宅を鉄骨で繋げて支えている状態

詳しくは事例集をご覧ください。


新築そっくりなリフォーム 有限会社篠田建設 新築そっくりなリフォーム2 有限会社篠田建設
新築そっくりさんの様なリフォームをした際に、耐震補強もさせて頂きました。一般的な耐震補強後の写真です。

耐震診断を受けても、どこまで補強の工事をしたらいいのか?という疑問が出てきます。

篠田建設のおすすめは、

「最初の【グラッ!!】で全壊しない程度」
「逃げる時間を作るための耐震補強」


すごい無責任な判断ですが、完璧主義の篠田建設の基準からすると、そういうことになります。
逆説的に言えば、絶対地震で倒れないようにするとコストがものすごくかかるので、その程度に…ということです。
「どれだけお金がかかって、どれだけ期間がかかって、どれだけ面倒な工事なの?」ということはどなたも心配かと思われますが、ケースバイケースでありますので、まずはご相談を。

耐震シェルター

住宅の地震対策は耐震補強が最も効果的です。
もしも大がかりな耐震改修が出来ない場合には、家屋が倒壊しても一定の空間を確保することで命を守る装置として「耐震シェルター」を設置する方法もあります。緊急地震速報を聞いたらすぐに逃げ込める安全ゾーンです。


上向き矢印このページのトップへ