有限会社篠田建設
HOME > 事例集:耐震工事 > 屋内耐震シェルター

屋内耐震シェルター(わくぐり神社)

大地震に備えて設置する耐震シェルターは建物自体の揺れを小さくし、避難場所にもなります。

内部を一部解体し、床をめくって基礎を造ります。


屋内耐震基礎

建物の中に1部屋分の鉄骨を組み込み、構造躯体に固定します。地震の際の建物の揺れをを小さくします。


建て方

1部屋だけなら大規模な工事にならず、お施主様の費用も精神的な負担も少なくて済みます。












床下 梁

写真が部分的すぎて分かりずらいですが、太い鉄骨でシェルター状のものを作り、建物全体の耐震性を向上させているのです。完了の写真はありませんが、内装工事後は普通のお部屋になっています。


上向き矢印このページのトップへ